9/14~15 平成30年度現地見学会を開催いたしました。

平成30年9月14日(金)および15日(土)に「秋田県成瀬ダム建設現場および宮城県内既設ダムの見学会」を開催いたしました。両日とも好天に恵まれ、2日間道中350km、無事開催することができました。1日目は泉中央駅前に集合し、午前中は岩手県胆沢ダム(堤高132.0m、ロックフィルダム)を眺望した後、胆沢ダム学習館にて菅原捷氏より建設当時の説明をして頂きました。午後には、秋田県東成瀬村の成瀬ダム(堤高114.5m、台形CSG)建設現場現地に移動し、成瀬ダム工事事務所関係者(日本工営(株)、畚野氏)に現地を案内して頂きました。ダムサイトを眺望しながらの概要説明の後に、ダムサイト左岸に移動し左岸上部付近の岩盤状況およびダムサイトの地質状況について説明して頂きました。成瀬ダム見学後は須川温泉を経由して、栗原市のハイルザーム栗駒に宿泊し温泉・料理を堪能しました。2日目は、朝から宮城県北部森林管理署の佐々木氏に、荒砥沢崩壊地上流からの眺望・左岸側側面からの眺望をはじめ、末端部の露頭へ案内して頂きました。その後、菅原捷氏の案内で宮城県内3箇所のダムを見学しました。まず、南川ダム(堤高46.0m、重力式)が眺望できる四十八滝運動公園にて昼食休憩および南川ダム及びダム建設当時の苦労等の説明を受けました。次に移動した七北田ダム(堤高74.0m、中央コア型ロックフィル)では、ダムサイトの遮水に苦労した等説明がありました。最後、大倉ダム(堤高82.0m、ダブルアーチ)では、地形的に川幅が広くアーチアクションが十分期待できないことから、中央部にスラストブロックを設置し、ダブルアーチ形状にしたことを説明して頂きました。その後、泉中央駅前脇荷移動して解散、帰路につきました。成瀬ダム工事事務所の関係各位と畚野氏、宮城県北部森林管理署の佐々木氏には現地にて大変お世話になりました。また、菅原捷氏には見学会資料の作成をはじめ現地案内までして頂き、参加者一同とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。今回の見学会は、総勢11名(現地案内者含む)にご参加いただきました。

 胆沢ダム右岸からの眺望

 胆沢ダム学習館にて

 昼食「胆沢ダムカレー」

 成瀬ダムサイト左岸側

 成瀬ダム展望所にて

 荒砥沢崩壊地

 荒砥沢崩壊地末端部にて

 南川ダム

 七北田ダム

 大倉ダム