5/24 令和元年度年次大会・特別講演を開催致しました。

令和元年5月24日(金)の14:00より、平成30年度年次大会及び特別講演を開催いたしました。特別講演は、太宰幸子氏(日本地名研究所理事)にお願いし、「地名が知らせる災害と防災」という題目でご講演いただきました。「美しい・めでたい・植物地名」や「猿・熊・蛇・鹿の地名」が災害に関して要注意な地名であるとのことでした。また、昔の人が繰り返す災害を表す漢字を地名に付けても、その後に別の漢字に変えられている場合もあり、地名の意味を解釈するのが非常に難しいと力説されました。年次大会へは20名、特別講演は58名、意見交換会には23名(講師含む)にご参加頂きました。