投稿者「mori」のアーカイブ

6/9 平成29年度第1回技術サロンを開催いたしました。

平成29年6月9日(金)の18:00より、平成29年度第1回技術サロンを開催いたしました。話題提供は2件で、土木地質株式会社の岡林昌宏氏には「地中熱ヒートポンプシステムの応用理学」という題目で、特にヒートポンプシステムの根幹となる暖房時および冷房時の熱交換の原理についてお話をしていただきました。また、東北大学工学部・工学研究科 技術部の丸尾知佳子氏には、「環境行政における環境計測に携わって」という題目で、過去に社会を賑わせた事例において実際に携わった環境分析や、最近のトピックと現在進めている研究についての興味深い内容を知ることができました。今回は、講師を含め19名にご参加いただき、ありがとうございました。会場が若干狭く、立ち見になったことをお詫びいたします。

左から、岡林氏、丸尾氏、市川氏(12月に話題提供)

 

 

 

5/12 平成29年度年次大会・特別講演を開催いたしました。

平成29年5月12日(金)の14:00より、平成29年度年次大会及び特別講演を開催いたしました。特別講演は、土屋範芳氏(東北大学大学院教授、環境科学研究科 地球物質・エネルギー学研究室)にお願いし、「地熱の利用:地中熱から超臨界地熱まで」という題目でご講演いただきました。浅所における地中熱利用、従来からの地熱利用、さらに大深度での超臨界地熱利用の可能性まで幅広い内容でした。年次大会は20名(+委任状23名)、特別講演は45名(講師含む)、意見交換会には17名にご参加頂きました。

12/12 平成28年度第2回現地見学会を開催いたしました。

平成28年12月12日(金)に「岩手県簗川ダム現地見学会」を開催いたしました。当日は、岩手県簗川ダム建設事務所の後藤主任主査に簗川ダムの概要をご説明いただき、現地案内もしていただきました。また、簗川ダムの地質総合解析業務を担当されている日本工営(株)の畚野氏にダムサイトに分布する地質について説明していただきました。ダムサイトの地質は、古生代二畳紀の珪質粘板岩を主体とし、玄武岩起源と考えられる輝緑凝灰岩、チャート等の小規模なレンズ状岩体を伴っており、早池峰帯根田茂相(付加体)に属するそうです。現地では河床部までおりて、ダムサイト両岸および河床のダム基礎岩盤を間近に観察することが出来ました。今回は、応用理学部会10名、ダム建設事務所3名、日本工営(株)2名、JV1名の総勢16名にご参加いただきました。

161212%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a001

161212%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a002

161212%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a003

161212%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a004

12/9 平成28年度第4回技術サロンを開催いたしました。

平成28年12月9日(金)の18:00より、平成28年度第4回技術サロンを開催いたしました。話題提供は2件で、川口技術士事務所の川口通世氏には「偏光顕微鏡と岩石薄片鏡下観察について」、岩石薄片の鏡下写真や偏光板での実験を交えた興味深いお話をしていただきました。また、(株)復建技術コンサルタントの押見和義氏には、「砂防ボランティア活動の紹介 ―活動内容と危険箇所点検時のポイントについて―」で、特に栗駒山麓ジオパーク内にある駒の湯付近での植樹作業で非常に苦労された様子を伺い知ることができました。今回は、講師を含め10名にご参加いただき、ありがとうございました。

161209%ef%bd%bb%ef%be%9b%ef%be%9d001

161209%ef%bd%bb%ef%be%9b%ef%be%9d003

 

11/11 平成28年度第2回研修会を開催いたしました。

平成28年11月11日(金)の15:00より、平成28年度第2回研修会を開催いたしました。講師は、永広昌之氏(東北大学名誉教授、東北大学総合学術博物館協力研究員)にお願いし、「南部北上古陸の成立と発展―南からやってきた日本列島の基盤―」という題目でご講演いただきました。内容は、「北上山地の地体構造と構造発達史」、「南部北上古陸の基盤の形成」、「南部北上古陸の形成位置と古地理の変化」等、非常に興味深いお話でした。研修会には一般の方や学生を含め22名、意見交換会には8名に参加していただきました。

161111001

161111002

161111003

161111004

161111005

10/14 平成28年度第3回技術サロンを開催いたしました。

平成28年10月14日(金)の18:00より、平成28年度第3回技術サロンを開催いたしました。話題提供として、(株)ダイヤコンサルタントの伊藤靖雄氏に「トンネル施工時の対応について―調査技術者としての反省と今後の展望―」、東北大学名誉教授の真野 明氏に「津波による洗掘のメカニズム、巻き上げと液状化」について講演していただきました。伊藤氏には、特に興味深いトンネル調査の3事例についてお話いただきました。また、真野氏には、これまで我々が知らなかった現象である「津波時の液状化」についても解説していただきました。今回は、講師を含め15名にご参加いただき、ありがとうございました。

16101401

16101402

9/16 平成28年度現地見学会を開催いたしました。

平成28年9月16日(金)に「栗駒山麓ジオパーク 現地見学会」を開催いたしました。当日は、栗駒山麓ジオガイドの藤村哲雄氏にご案内いただき、午前中に荒砥沢地すべり、冷水沢崩壊地を見学後、昼食は山脈ハウスの岩魚丼(天丼)を楽しみました。午後は、駒の湯温泉および付近の崩壊地、行者滝を見学しました。現地では、ジオガイドの藤原氏に色々な視点から説明・案内をしていただき、参加者一同とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。また、荒砥沢地すべり展望所では、子ギツネの飛び入り参加もありました。今回は、総勢12名(と一匹)にご参加いただきました。

01%e8%8d%92%e7%a0%a5%e6%b2%a2

04%e8%8d%92%e7%a0%a5%e6%b2%a2

02%e5%ad%90%e3%82%ae%e3%83%84%e3%83%8d

03%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

8/19 第2回技術サロンを開催いたしました。

平成28年8月19日(金)の18:00より、平成28年度第2回技術サロンを開催いたしました。話題提供として、新協地水株式会社の谷藤允彦氏に「深成岩地域の地下水調査の有効性—双葉郡葛尾村の例」、特に、深成岩地域での地形地質情報と地下水の関連性について、興味深いお話をしていただきました。講師を含め12名にご参加いただきました。02-技術サロン