おすすめ投稿

ホーム

令和元年11月1 日 令和元年度の第4回技術サロンを令和元年12月13日(金)18時~20時45分に開催します。場所は仙台市戦災復興記念館 4階第4会議室です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、加納 実氏(鹿島建設(株))「東日本大震災 渾身の未来へ」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方は是非ご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 森、022-375-2626・FAX022-375-2950(土木地質(株))まで。

令和元年10月16日 令和元年度第3回技術サロンを開催いたしました。詳細はこちら

令和元年10月3日 令和元年度現地見学会を開催いたしました。詳細はこちら

令和元年9月24日 令和元年度の第3回技術サロンを令和元年10月11日(金)18時~20時45分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、齋藤 明氏((株)オオバ東北支店)「復興の取り組みと昨今の法体系に関する考え」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 森、022-375-2626・FAX022-375-2950(土木地質(株))まで。

令和元年8月26日 令和元年度現地見学会「岩手県川舟断層および秋田県仙北地方の千屋断層の巡検」 令和元年9月27日(金) のスケジュール等について、詳細が決定いたしました。参加自由となっておりますので、興味のある方はどなたでもご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。  見学会スケジュール等の詳細はこちら

令和元年8月26日 令和元年度第2回技術サロンを開催いたしました。詳細はこちら

令和元年7月22日 令和元年度 第1回研修会を開催いたしました。 詳細はこちら

令和元年6月17日 令和元年度第1回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

令和元年6月14日 令和元年度の研修会は7月19日(金)15時~17時、日立システムズホ-ル仙台(仙台市青年文化センター)研修室2にて開催します。テ-マは「原発事故と地下水 ―福島第一原発とチェルノブイリ原発の状況―」、講師は柴崎直明氏(福島大学共生システム理工学類 教授)にお願いしております。資料代1,000円。研修会終了後、意見交換会(参加費5,000円)を開催します。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 森(土木地質(株))、022-375-2626・FAX022-375-2950まで。

令和元年6月3 日 令和元年度の第2回技術サロンを令和元年8月23日(金)18時~20時45分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、利部 哲氏((株)パスク)「(仮)旧松尾鉱山と北上川の水質」、齋藤 勝氏((株)ダイヤコンサルタント)「活断層などを対象としたトレンチ調査の要点」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 森(土木地質(株))、022-375-2626・FAX022-375-2950まで。

令和元年5月27日 令和元年度年次大会(大会資料)・特別講演を開催致しました。詳細はこちら

平成31年4月3日 令和元年度の第1回技術サロンを令和元年6月14日(金)18時~20時45分に開催します。場所は仙台市戦災復興記念館4階第1会議室です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、守屋資郞氏((株)A.T.S)「公共政策学をちょっとのぞいてみました」、伊藤靖雄氏((株)ダイヤコンサルタント)「トンネル湧水の予測と実際について」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成31年3月15日 公益社団法人日本技術士会東北本部応用理学部会の平成31年度年次大会と特別講演は、5月24日(金)に開催予定です。 詳細はこちら

平成30年12月17日 平成30年度第4回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年11月13日 第45回技術士全国大会(福島)の関連行事として、東北本部応用理学部会・統括本部応用理学部会の合同講演会を開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年10月15日 平成30年度の第4回技術サロンを平成30年12月14日(金)18時~20時30分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、押見和義氏((株)復建技術コンサルタント)「最近の切土のり面安定に関する知見 ~流れ盤に起因する不安定化など~」、永野邦明氏(宮城県古川農業試験場長)「(仮題)お米の品種開発最前線 ~玄米食用品種『金のいぶき』を中心に~」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成30年10月15日 平成30年度第3回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年9月18日 平成30年度の第3回技術サロンを平成30年10月12日(金)18時~20時30分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、伊藤靖雄氏((株)ダイヤコンサルタント)「簡易試験による岩級区分」を予定しています。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部事務局、または応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成30年9月18日 平成30年度現地見学会を開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年8月27日 平成30年度第2回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年7月27日  平成30年度現地見学会「秋田県成瀬ダムおよび宮城県内ダム(荒砥沢ダム他)」 平成30年9月14日(金)~9月15日(土) の1泊2日となります。参加自由となっておりますので、興味のある方はどなたでもご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。                                                                      ・見学会スケジュール等の詳細はこちら

平成30年7月18日 平成30年度第1回研修会を開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年6月28日    平成30年度の第2回技術サロンを平成30年8月24日(金)18時~20時30分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。9月14~15日(金・土)のダム見学会に向けての話題提供で、菅原 捷氏「「ダ
ム建設における地質技術者の役割」と、畚野 匡氏(日本工営(株))「Aダムの掘削面地質状況について」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成30年6月11日 平成30年度第1回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年5月21日 平成30年度の研修会は7月13日(金)14時~17時、日立システムズホ-ル仙台(仙台市青年文化センター)研修室2にて開催します。テ-マは「Study Nature, not Books. ~書を抱いて、野に出でよ!~」、講師は永広昌之氏(東北大学名誉教授、東北大学自然史標本館協力研究員)にお願いしております。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成30年5月21日 平成30年度年次大会(大会資料)・特別講演を開催いたしました。 詳細はこちら

平成30年5月7日 平成30年度の第1回技術サロンを平成30年6月8日(金)18時~20時30分に開催します。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1です。参加費は1,000円(軽食付き)。話題提供は、関原孝俊氏((一財)日本気象協会東北支社)「(仮題)大雨予測とダムの洪水調節について」と、利部哲氏((株)パスク)「環境測定における化学分析の種類とその原理」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。申込み及び問い合わせ先は、日本技術士会東北本部HPおよび事務局、または、応用理学部会代表幹事 今野、022-348-6923・FAX022-348-6965まで。

平成30年4月10日 公益社団法人日本技術士会東北本部応用理学部会の平成30年度年次大会と特別講演は5月18日(金)に仙台市戦災復興記念館にて開催いたします。 詳細はこちら

平成30年2月13日 平成29年度第5回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年12月11日 第5回技術サロンは平成30年2月9日(金)18時~20時30分、仙台市戦災復興記念館4階第4会議室で開催します。参加費1,000円(軽食付き)です。話題提供は①藤元栄一氏(東北農政局 地質官)「2011年東北地方太平洋沖地震に伴う地下水の水質変化~宮城県亘理町・山元町の事例~」、②菊地 真氏(株式会社東北ボーリング)「小規模河谷における地質モデルの作成事例」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局または、応用理学部会代表幹事今野(tel022-348-6923  fax022-348-6965)までお願いします。

平成29年12月11日 平成29年度第4回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年10月16日 第4回技術サロンは平成29年12月8日(金)18時~20時30分、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1で開催します。参加費1,000円(軽食付き)です。話題提供は①市川 健氏((株)復建技術コンサルタント)「大規模盛土造成地滑動崩落~熊本地震(益城町)の概要~」、②三上登志夫氏((株)復建技術コンサルタント)「大規模盛土造成地滑動崩落~熊本地震で発生した事例紹介~」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。

平成29年10月16日 平成29年度第3回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年9月19日 平成29年度現場見学会を開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年8月21日 第3回技術サロンは平成29年10月13日(金)18時~20時30分 、場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室3で開催します。参加費1,000円(軽食付き) 話題提供は①桑原 里氏(東北大学大学院博士課程)「古い時代のテフラを識別する~アパタイト微量元素を用いたテフラの対比~」、②今野隆彦氏((有)ジオプランニング)「ベトナム地すべりツアー報告」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。

※当見学会は参加者定員に達した為、定員締切となりました。                                                              平成29年8月21日 平成29年度現地見学会「ICL(国際リニアコライダー)関連の現地見学会及びボーリングコア観察」 平成29年9月15日(金) のスケジュールについて、詳細が決定いたしました。参加自由となっておりますので、興味のある方はどなたでもご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。  見学会スケジュール等の詳細はこちら。

平成29年8月21日 平成29年度第2回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年7月24日 平成29年度の現地見学会は、「ICL(国際リニアコライダー)関連の現地見学会及びボーリングコア観察」 平成29年9月15日(金) 10時~16時(予定) 場所は「岩手県北上山地遠野より以南ILC計画予定地周辺」です。現地案内は、佐貫智行氏(東北大学大学院理学研究科 准教授 物理学専攻)にお願いしています。集合・解散場所、見学会コース詳細、参加費等は現在交渉検討中になります。詳細が確定次第HPにて更新発表いたします。参加自由となっておりますので、興味のある方はどなたでもご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。

平成29年7月24日 第2回技術サロンは平成29年8月18日(金)18時~21時 場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室3で開催します。参加費1,000円(軽食付き) 話題提供は①守屋資郞氏(ATS(株))「仙台付近の水理地質と梅田川への片思い」、②伊藤靖雄氏((株)ダイヤコンサルタント)「若手技術者の育成の現状~地質技術者の技術向上とワークライフバランスを例に~」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。参加申し込み及び問合せは、技術士会東北本部事務局までお願いします。

平成29年7月24日 平成29年度研修会を開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年7月4日 平成29年度の研修会(再掲)は、研修テーマ「ICL(国際リニアコライダー)に関する研修会」 平成29年7月21日(金) 14時~17時10分 場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室2です。参加費1,000円(資料代として)。講演は①大平 尚氏 岩手県企画理事「(仮題)ICL計画の概要と現状」、②佐貫 智行氏 東北大学大学院理学研究科 准教授 物理学専攻「ICLの概要と立地環境~北上山地花崗岩の岩盤特性~」です。参加自由となっておりますので、興味のある方はどなたでもご参加ください。研修会後に意見交換会(参加費5,000円)を開催します。参加申し込みは、技術士会東北本部事務局までお願いします。

平成29年6月9日 平成29年度第1回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成29年5月20日 第1回技術サロン(再掲)は平成29年6月9日(金)18時~20時30分 場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室2です。参加費1,000円(軽食付き)話題提供は1 丸尾知佳子氏 東北大学工学部・工学研究科 技術部「環境行政における環境計測に携わって」、2.岡林昌宏氏 土木地質株式会社「地中熱ヒートポンプシステムの応用理学」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。

平成29年5月13日 平成29年度応用理学部会年次大会、特別講演、意見交換を開催いたしました。年次大会資料はこちら。新役員名簿はこちら。平成29年度の研修会は7月21日(金)14時~、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室2で、ILC(国際リニアコライダー)関連のテーマで開催予定です。

平成29年4月26日 公益社団法人日本技術士会東北本部応用理学部会の平成29年度年次大会と特別講演は5月12日(金)の予定です。

平成29年4月25日 役に立つ技術士(出前講座記録)の平成20年度(仙台市柏木市民センター青森県野辺地社会福祉協議会)、平成21年度の記録(仙台市片平市民センター仙台市富沢中子供会)をアップしました。この後のマップづくり講座は、NPO法人 防災・減災サポートセンターへ引き継ぎました。URL:  www.bousai-support.or.jp です。

平成29年4月7日 ①平成29年度の第1回技術サロンの話題提供者とテーマが決まりましたのでお知らせします。平成29年6月9日(金)18時~20時30分 場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室2です。参加費1,000円(軽食付き)話題提供は1 丸尾知佳子氏 東北大学工学部・工学研究科 技術部「環境行政における環境計測に携わって」、2.岡林昌宏氏 土木地質株式会社「地中熱ヒートポンプシステムの応用理学」です。参加自由ですのでご興味のある方はご参加ください。

②役に立つ技術士(出前講座記録)の平成19年度実施個所の講座内容をアップしました。仙台市木町通市民センター青森県野辺地社会福祉協議会石巻市住吉町自主防災会仙台市東部市民センターです。

平成29年3月30日 役に立つ技術士(出前講座記録)の平成17年の仙台市福室市民センター太白中央市民センターの出前講座の第1回講座(全体は3回でマイマップ作成)の内容をアップしました。平成18年度の秋保市民センター東部市民センター若林中央市民センター西多賀市民センター若林区の夢プラン21の講演内容もアップしました。地域情報が載っており、防災・減災の参考になります。

平成29年3月23日 役に立つ技術士(出前講座記録)の平成17年の仙台市中田市民センター石巻市住吉町自主防災組織の出前講座の第1回の座学講座の内容をアップしました。地盤情報は今後も参考になります。どうぞご覧ください。

平成29年3月16日 役に立つ技術士(出前講座記録)をアップしました。平成17年から平成21年に地震防災ワーキンググループでおこなった地震防災の出前講座の記録です。この後はNPO法人 防災・減災サポートセンターの活動に引き継がれました。順次記録をアップします。仙台市の各地の市民センターで講座を開催し、お世話になりました。ご当地情報も近いうちにアップしますので、よろしくお願いいたします。

平成29年3月8日 HPの技術サロンに資料を追加しました。平成26年度から年次大会を開催しておりますが、総会・年次大会資料の名称は「年次大会資料」に修正しました。平成29年度の年次大会は5月12日(金)仙台市戦災復興記念館 研修室で開催の予定です。

平成29年2月24日 HPの外観を一新しました。見やすくしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

平成29年2月23日 過去の総会・年次大会、特別講演、研修会、現地見学会の資料を公開しました。次回は技術サロンの話題の一部を公開予定です。

平成28年12月12日 第2回現地見学会(簗川ダム)を開催いたしました。 詳細はこちら

平成28年12月9日 第4回技術サロンを開催いたしました。 詳細はこちら

平成28年12月12日(月) 第2回現地見学会を開催いたします。

  • 場所:岩手県簗川ダム
  • 集合・解散:簗川ダム建設事務所(盛岡市東中野字沢田94-1
  • 時間:13時~16時
  • 参加費:1,000円
  • ヘルメット、長靴持参
  • 申込:12/5まで tohokugijutushi@nifty.com (日本技術士会東北本部事務局)
  • 詳細はこちら

平成28年12月9日(金)18時~ 第4回技術サロンを開催いたします。今回は以下のお二人に話題提供をお願いしています。場所は、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室3です。

    • 川口通世氏 (川口技術士事務所)
      「偏光顕微鏡と岩石薄片鏡下観察について」
  • 押見和義氏 (復建技術コンサルタント)
    「砂防ボランティア活動の紹介-活動内容と危険箇所点検時のポイントについて-」

平成28年11月11日(金) 第2回研修会を開催いたしました。東北大学名誉教授、同大学総合学術博物館協力研究員の永広昌之先生をお迎えして、「北上山地の地体構造とその形成史5億年」として、南部北上古陸の成立と発展~南からやってきた日本列島の基盤~ のご講演をしていただきました。詳細はこちら。

平成28年10月14日(金)第3回技術サロンを開催いたしました。参加者は15名でした。詳細はこちら

平成28年10月14日(金)に第3回技術サロンを開催予定です。場所は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室3です。時間は18時~20時30分頃まで。

現地見学会を開催いたしました。参加者は総勢12名でした。ジオガイドの藤村さんの丁寧で興味深いご説明で、有意義な見学会でした。

平成28年9月16日(金) 現地見学会を開催いたします。お申し込みは9月13日まで、技術士会事務局(tohokugijutushi@nifty.com)まで。当日の集合は8時50分(9時出発)。集合場所の詳細は バス配車場所 です。

平成28年8月19日(金) 第2回技術サロンを開催いたしました。詳細

8/19(金)に第2回技術サロンを開催いたします。話題提供者は新協地水株式会社の谷藤さんです。テーマは、「深成岩地域の地下水調査の有効性—双葉郡葛尾村の例」です。時間は18時~20時30分、会場は日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)会議室3です。どうぞご参加ください。

第1回研修会を開催いたしました。

7月15日(金)午後に、平成28年度研修会「栗駒山麓ジオパークの魅力と見どころ~ジオパーク構想から実現まで~」を栗原市ジオパーク推進室の皆様のご協力で開催いたします。入場無料で、研修会終了後、意見交換会(会費5,000円)を予定しています。

平成28年6月17日(金)第1回技術サロンを開催いたしました。話題提供は菅原捷さんでした。写真は意見交換のものです。次回は8月19日(金)の予定です。

DSC_0002

平成28年6月16日 中村光作会員が公益社団法人日本技術士会会長表彰を受けました。おめでとうございます。

一時中断していたホームページを再開いたしました。

活動の予定や報告を随時掲載いたします。

6月17日(金)には平成28年度第1回技術サロンを開催いたします。

サロンでは技術の話、技術の今日的な悩み、紀行体験、昔の自慢話など話題が豊富です。

令和元年10月11日 令和元年度第3回技術サロンを開催いたしました。

令和元年10月11日(金)の18:00より、令和元年度第3回技術サロンを開催いたしました。話題提供は、(株)オオバ東北支店の齋藤 明氏に「復興の取り組みと昨今の法体系に関する考え」という題目で、災害に対する事前復興計画の必要性や地域や都市の人口減少に対する考え方、技術士ほか士業のかたとの災害時の連携等について、ほか大変興味深いお話をして頂きました。今回の技術サロンには、講師を含め9名にご参加いただき、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしております。

9月27日 令和元年度現地見学会を開催いたしました。


令和元年年9月27日(金)「岩手県川船断層および秋田県仙北地方の千屋断層の巡検」を開催いたしました。1896年(明治29年)の陸羽地震(M7.2)によって出現した川船断層および千屋断層をテーマに、8月の技術サロンでもご講演をいただいた斎藤勝氏(株式会社ダイヤコンサルタント東北支社長)に現地案内をしていただきました。また、今回は岩手県支部との合同で開催し、東北本部12名、岩手県支部9名総勢21名の参加となりました。
朝8:00泉中央駅前に集合、岩手県湯田インターチェンジで岩手県支部の参加者と合流後に川船断層に関する断層崖を観察いたしました。
最初の見学地である川船断層地震断層跡は、地形の段差や道路の起伏として出現しており、断層であることを示す標柱などもありました。次の見学地では、高下橋から高下川に見られる断層を観察した後に林道を入り、各段丘面上に断層崖が発達している様子を観察しました。今回の巡検では、最も起伏があり移動距離も長いルートとなりましたが、黒墨部会長の喝(?)もあり、参加者は地質屋の基本を忘れずに往路のみならず、復路も観察を怠らずにに歩くことができたようです。
昼食は、湯田駅に近接する湯夢プラザでタックエンジニアリング様が用意して頂いた赤青立体地図を見ながら頂きました。湯田駅は、温泉が併設されていることで有名ですが、今回は残念ながら利用する時間はなく、次回に期待することとしました。
昼食後は、秋田県に入り千屋断層断層崖を観察しました。千屋断層は、扇状地面上に出現しており、断層の連続性を観察できすることができました。坂本東嶽邸内に本年6月1日にオープンした千屋断層学習館は、震災後の東嶽邸の写真や、断層剥ぎ取り資料、地形模型(トレンチ時の状況)などが展示されており、陸羽地震後の様子を知る貴重な資料を見ることができました。千屋断層トレンチは国の天然記念物に指定されていますが、残念ながら現在はシートがかけられ全貌を見ることはできませんでしたが、断層崖は連続して観察することができ、また近傍には看板や標柱があり、トレンチ実施時の状況を知ることができました。
千屋断層では、その他赤倉川北岸の断層露頭や地震断層に子供が巻き込まれ亡くなった花岡山断層崖などを観察しました。岩手県支部の参加者はここで解散となり、東北本部参加者はその後泉中央駅で解散、帰路につきました。
地震断層は、崖となって出現しているだけではなく、起伏としてその形跡を留めるものなど様々であり、比較的新しい地震断層である川船、千屋断層でも、斎藤氏の案内で初めて断層と気づかされる箇所もありました。地震断層の判別は、空中写真による地形判読や現地踏査等により判断され、特に重要な箇所ではトレンチなどの現地調査が行われますが、地形、地質を見る目を養い、経験を重ねることが大切だと改めて感じました。

高下橋から観察される川船断層について議論中。
斎藤氏より川船断層断層崖について説明を受ける。
断層崖を観察しながら、起伏のある山中を移動。
赤沢の断層露頭前で記念写真
千屋断層学習館 
千屋断層トレンチ跡

令和元年8月23日 令和元年度第2回技術サロンを開催いたしました。

令和元年8月23日(金)の18:00より、令和元年度第2回技術サロンを開催いたしました。話題提供は2件で、(株)パスクの利部哲氏には「旧松尾鉱山と北上川の水質」という題目で、旧松尾鉱山の鉱排水による北上川の水質や下流域のダム堆積物への影響についてお話をして頂きました。また、(株)ダイヤコンサルタントの齋藤勝氏には「活断層などを対象としたトレンチ調査の要点」という題目で、主に活断層帯を対象として実施したトレンチ調査の事例につて紹介して頂きました。また、東日本大震災の際に地盤が液状化し噴砂がみられた箇所でのトレンチ調査についても説明して頂きました。齋藤勝氏には、来月実施する川舟断層・千屋断層巡検の案内をして頂く予定です。今回の技術サロンには、講師を含め11名にご参加いただき、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしております。

令和元年年7月19日 第1回研修会を開催いたしました。

平成31年7月19日(金)の15:00より、令和元年度研修会を開催いたしました。講師は、柴崎直明氏(福島大学共生システム理工学類 教授)にお願いし、「原発事故と地下水 ―福島第一原発とチェルノブイリ原発の状況―」という題目でご講演いただきました。内容は、福島第一原発については、想定した地下水への影響と実際に観測されている状況との相違等、予測の限界についての非常に興味深いお話でした。また、チェルノブイリ原発事故後の状況についても、雨水によって周辺土壌へ放射能が拡散しているとのことでした。本研修会には講師を含め26名、意見交換会には14名に参加していただきました。

令和元年6月14日 令和元年度第1回技術サロンを開催いたしました。

令和元年6月14日(金)の18:00より、令和元年度第1回技術サロンを開催いたしました。話題提供は2件で、(株)A.T.Sの守屋資郎氏には「公共政策学をちょっとのぞいてみました」という題目で、科学技術と社会技術の関連、公共政策学から考える「国土のグランドデザイン」やこれからの防災対応について広くお話をして頂きました。また、(株)ダイヤコンサルタントの伊藤靖雄氏には「トンネル湧水の予測と実際について」という題目で、河川直下・低土被り区間の湧水、地質境界・断層での湧水、予期できなかった突発湧水の対応の3例について話して頂きました。今回の技術サロンには、講師を含め16名にご参加いただき、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしております。

5/24 令和元年度年次大会・特別講演を開催致しました。

令和元年5月24日(金)の14:00より、平成30年度年次大会及び特別講演を開催いたしました。特別講演は、太宰幸子氏(日本地名研究所理事)にお願いし、「地名が知らせる災害と防災」という題目でご講演いただきました。「美しい・めでたい・植物地名」や「猿・熊・蛇・鹿の地名」が災害に関して要注意な地名であるとのことでした。また、昔の人が繰り返す災害を表す漢字を地名に付けても、その後に別の漢字に変えられている場合もあり、地名の意味を解釈するのが非常に難しいと力説されました。年次大会へは20名、特別講演は58名、意見交換会には23名(講師含む)にご参加頂きました。

平成31年度 日本技術士会東北本部応用理学部会 年次大会および特別講演

2019年5月24日 @14:00-17:00

仙台市戦災復興記念館 4F研修室(年次大会、特別講演とも)

〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目12-1

連絡先:日本技術士会東北本部

TEL022-723-3755

Eメ-ル(mailto:tohokugijutushi@nifty.com)

①平成31年度 年次大会:14時~14時50分

会員のみ

②特別講演:15時~17時

演題「地名が知らせる災害と防災」

講師:太宰幸子氏(日本地名研究所理事)

会員以外も聴講できます。定員60名

③意見交換会:17時15分~19時15分

会場:一軒家居酒屋大町へそのを

住所:仙台市青葉区大町2-6-4  tel.050-3467-6424

会費:5,000円

平成30年12月14日 平成30年度第4回技術サロンを開催いたしました。

平成30年12月14日(金)の18:00より、平成30年度第4回技術サロンを開催いたしました。話題提供は2件で、(株)復建技術コンサルタントの押見和義氏には「最近の切土のり面安定に関する知見~流れ盤に起因する不安定化など~」という題目で、流れ盤の意味、流れ盤によるのり面・斜面の不安定化事例、対策検討時の注意点についてお話をして頂きました。また、宮城県古川農業試験場長の永野邦明氏には「お米の品種開発最前線 ~玄米食用品種「金のいぶき」を中心に~」という題目で、ササニシキから始まり、ひとめぼれ・だて正夢、金のいぶきまで品種開発時の苦労話から品種登録・生産開始まで、広くお話しして頂きました。今回の技術サロンには、講師を含め18名にご参加いただき、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしております。

平成30年11月11日 第45回技術士全国大会関連行事、東北本部応用理学部会・統括本部応用理学部会の合同講演会を開催いたしました。

平成30年11月11(日)の13:30より、郡山市ビッグアイ第3会議室にて、東北本部応用理学部会・統括本部応用理学部会の合同講演会を開催いたしました。講演は2件で、福島大学人間発達文化学類 准教授の中村洋介氏には「近年の地震災害と東北地方の活断層について」という演題で、東北地方太平洋沖地震・都市圏活断層図・地震断層のトレース等についてお話頂きました。また、新協地水(株)の谷藤允彦氏には「深成岩地域の地下水調査の有効性—双葉郡葛尾村の例」という演題で、福島第一原発事故に対する賠償井戸工事に関する地下水調査について、調査手法や評価手法について広くお話していただきました。今回の合同講演会には、講師を含め42名にご参加いただき、本当にありがとうございました。講演会後に開催されたウェルカムパーティーも大盛況でした。

平成30年10月12日 平成30年度第3回技術サロンを開催いたしました。

平成30年10月12日(金)の18:00より、平成30年度第3回技術サロンを開催いたしました。話題提供は1件で、(株)ダイヤコンサルタントの伊藤靖雄氏に「簡易試験による岩級区分」という題目でお話頂きました。「某ダムサイトの基礎岩盤について3種類のボ-リングコアに対する簡易試験により、岩盤状況を定量化して区分する試み」を実施した結果についての内容でした。講演後に実施した意見交換会も盛況でした。今回の技術サロンには、講師を含め12名にご参加いただき、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしております。